ブログ

$logo_alt
2016年09月28日

ほっぺたの内側に線が付いていませんか?

【ブラキシズム ①】   近頃、患者さんのほっぺたの内側に波のような線が付いている方が多くて驚く。 30年くらい前は、体格のよい中年の男性に、こんな線を見つけることが多かったのだが、 最近は男女を問わず、若くてはかなげなOLの方にもみられる。   この波線の正体は「上下の歯の圧痕」。原因は噛み締めである。 咬筋(ぐっと噛むとモリッと盛り上がるほっぺたの筋肉)の緊張が起きていた証拠なのだ。 ほっぺたに歯の痕がついたからって何の問題があるの?と思われるかもしれない。 問題はほっぺではなくて「歯」である。   歯の磨耗や歯の破折、クラック、知覚過敏、歯周病の悪化、詰め物や被せ物の破損。 これらはすべて、歯に過剰な力がかかることによって、ひき起こされる。   チェアサイドで、こうした問題がある方にお聞きすると、パソコンを長時間使う方が多かった。 特に、ラップトップ(ノート型)PCで、視線が下向きになると起こりやすいようである。 ラップトップをお使いの方は、台を使うなどして正面を向いて仕事が出来るようになさるとよいと思う。   噛み締めをしている方に見られるもう一つの証拠は、骨隆起である。 下顎の内側に、ぽこぽこと丸い、骨の「こぶ」が出来ている。   「ほっぺたの内側の線」と「下顎のこぶ」が有った方は、注意が必要である。 // 2015年における日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となった。 長い人生なのだから、歯を壊さないように大切に使っていただきたい。       さとみデンタルオフィス 住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18シミズビル2F アクセス 西新宿駅から徒歩5分 中野坂上から徒歩10分 TEL 03-3363-3735 診療時間 【月・水・金】10:00~13:00/14:00~18:00 【火】11:00~13:00/14:00~18:00 【土】10:00~13:00/14:00~15:00 お休み 木曜・日曜・祝日 当店Facebookはこちら http://bit.ly/296m6Kv

2016年08月25日

おとなのフッ素のはなし

  数年前、英会話教室のアメリカ人講師が、私にぼやいた。 「日本の水道にフッ素が入っていないから、日本に来たら虫歯になったよ。」 別の講師も「もう、ボロボロになった。」と奥歯を指さして、少し大げさなジェスチャー。   それで困った私は、とっさに「日本は歯医者さんでフッ素塗ってるよ。」と返事を返したあとに、妙な違和感が残った。   ― 日本には、Regular Check―up (定期検診)の度に、フッ素を塗って欲しいという大人がどのくらいいるかしら・・・ -     先のアメリカ人講師の方々の虫歯が、ただ単に、上水道のフッ素添加がないから出来たとは言い切れないけれど、 (普通に、食習慣や生活習慣の変化が原因かも(>_<)) ちょっとしたカルチャーショックで、うーん、国という単位で(虫歯を予防する)意識の成熟度が違うのかな~、と しばし考えさせられた出来事だった。   今年の4月から、保険診療で、かかりつけ歯科医がする 「エナメル質に限局した表面が粗造な白濁等の脱灰病変であるエナメル質初期う蝕の治癒又は重症化予防を目的として実施する指導管理」の一部として、つまり虫歯になりかけの歯だけは、大人にも「フッ化物歯面塗布」ができるようになった。   大人の患者さんにとって我が歯科医院が、駆け込み寺的な役目よりも、予防的な役目が増えて行く事を願ってやまない。   さとみデンタルオフィス 住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18シミズビル2F アクセス 西新宿駅から徒歩5分 中野坂上から徒歩10分 TEL 03-3363-3735 診療時間 【月・水・金】10:00~13:00/14:00~18:00 【火】11:00~13:00/14:00~18:00 【土】10:00~13:00/14:00~15:00 お休み 木曜・日曜・祝日 当店Facebookはこちら http://bit.ly/296m6Kv

$logo_alt
2016年06月29日

こちらでお知らせ情報を更新していきます。

こちらでお知らせ情報を更新していきます。

$logo_alt
2016年06月29日

さとみデンタルオフィスのホームページをリニューアルしました。

さとみデンタルオフィスのホームページをリニューアルしました。